2011.8.16

 昨日、8月15日は終戦記念日でした。
 私は忙しい日常に埋没してしまい、全くと言っていいほどこの記念日に対し何もできませんでした。
 ニュースや放送では見聞きしたものの、こんな大事な日に何をやってるんだろう、自分はと、自己反省とともに
 日がずれましたがここに戦争に関わった全ての命に対して冥福の祈りをささげます。
 それにしても、こんな大事な日なのに、どうして国の休日になっていないんだろうとふと思いました。
 夏休みのある子供たちならともかく、仕事のある大人たちはどうしようもない。
 この日こそ墓参りや式典に行くべき日だというのに、何故・・・。
 と考えてたら、簡単な答が出ました。日本は負けたからです。
 「終戦記念日」と言っておいて、日本では「敗戦記念日」なんですよね。8/15って。
 日本にとってこれほど屈辱的で残念な日はありません。日本の歴史上最大の汚点じゃないでしょうか。
 そんな日を国民の休日になんてできませんよね。
 自分は戦争なんて経験の無い平和ボケした若造です。書籍でしか戦争を知りません。
 でも生きている上で、日本は敗戦国と感じる節は多々あります。
 沖縄とか、外交とか、政治とか、憲法とか、自衛隊とか、欧米文化とか、右とか左とか。他にもいっぱい。
 「戦後は終わった」からもう何十年と経ちますが、負けたままの日本には、いつまでも「敗戦」の影が色濃く残るんだと思います。
 (逆に言うと、負けた国がここまで成り上がった日本国民の根性!?はすごいと思います。私も見習わなくちゃ。)
 何だか偉そうなことをグダグダ暗く言ってきましたが、最後にこれだけは問わせてください。

 
 本当に今の日本は「平和」でしょうか?

 誰か答を教えてください。よろしくお願いします。   
 
     
   戻る

 TOPに戻る

inserted by FC2 system