2011.3.16

 先日、宮城・岩手を中心に震度7、M10という最大規模の地震が発生しました。
復興が進むにつれ日に日に被災地の様子もわかってきましたが、
それに比例して死者・行方不明者の判明数も増え、今では死者が2500人規模となりました。
想定では1万人規模になるとか、本当にショックで心が痛みます。
外国では「被害が少ない、対応が冷静」など高評価を述べていましたが、
これほどの被害者が出ては喜べるものではありません。
そう言葉で表しても、心で感じても、本当に厳しい現実に直面している被災者がどれだけ苦しんでいるのかは理解できないでしょう。
近くに家族や友達、ペットのいる私は、そのことにとても幸せを感じ、感謝しています。本当に私は恵まれています。
そんな私が何か発言するのはおこがましいですが、皆さん、生きてください。
被災地では何千何万もの人が救助をしています。
政府は必死に策を講じ、対応しています。
マスコミは現地に訪れ、情報を集め精査し、正しい情報を早く伝えられるよう努めています。
そして、現地にいる人だけではありません。私は寄付します。みんなも寄付します。
世界では祈りをささげ、実際ツイッターでの呼びかけなどを行っています。
みんなが被災者の方を何とかしたいと思い、行動を起こしています。
だから希望を持って、生きてください。
あなたが生きていれば、離れ離れになった家族や親戚、友人に希望を与え、安心を与えます。
我々も喜びます。あなたが生きることは、あなた自身だけでなくみんなに希望を与えます。
だから、絶対に生きてください。
  
   戻る

 TOPに戻る

inserted by FC2 system