轟世剣ダイ・ソードとは?
1997年1月25日、九江州中学校は一陣の雷鳴とともに地球上から消失した。
九江州中学校が行きついた先は、剣と魔法の異世界、「泡の中央界」であった。
泡の中央界は軍事国家「北国」と魔導国家「テルテ・ウイタス」との戦争が続くさなかであり、
九江州中学校の全校生徒はその抗争に巻き込まれてしまう。
九江州中の1年、百地王太はテルテ・ウイタスの住人ユーリナ・タ・カラの導きによって
神の武器の一つ、巨大な剣ダイ・ソードを手に入れる。
九江州中学は、元の世界へ戻るため、ダイ・ソードとともにテルテ・ウイタスを目指す旅を始める。
これは、泡の中央界の運命を決める神の武器同士の対決の始まりでもあった!

「マップス」シリーズ、「機動戦士クロスボーンガンダム」シリーズで知られる巨匠漫画家、長谷川裕一の代表作の一つで、
剣や魔法、モンスターが存在するRPG的ファンタジーというやり尽された世界観でありながら、
そこに学校丸ごと550名もの人数を異世界へ送り出し、
また武器型と人型に変形する巨大ロボット(?)を組み込み、
長谷川裕一先生が得意とする迫力満点のロボットアクションを確立した
斬新であり少年漫画的な熱いストーリーです。

鷹村剣次は長谷川裕一先生の大ファンであり、
この「轟世剣ダイソード」がアニメになればいいなぁと常日頃思っていました。
「星の騎士セインバース」でへっぽこながら3DCGのアニメを作ることができたので、
そうだ、自分でダイ・ソードのアニメを作ってみよう!と思い至り、
実際やってみたのです。
現在も作り続けています。完結まで数年単位の途方もない時間がかかると思いますが、
ダイソードのファンの方、またこの作品を知らない方でも
少しでも興味があればこのホームページやYOUTUBE、ニコニコ動画で自分の動画を見てみてください。


 動 画

 キャラクター

 イラスト



TOPに戻る





















































































 

inserted by FC2 system